2010年02月27日

瞳を開けてみる夢 腕前アベニュー

友達からのいいバカ夢気分情報。



洋服に興味もないくせに
こういうコトを見逃さない
素敵朋輩から頂きました。

ストリート発シャレオツ業界関係人脈御用達ブランド Supreme

待望の新シーズンofficial catalogがdropされました
(→カッコイイと思って書いているという我が哀れさ)

2010年のSpring/Summer Collectionはコレ一択!

『ヌンチャク』

柏city出身「都部ふぶく」のほうじゃなくて
沖縄古武術でご活用いただくほうのアレ。

やりたい放題のイイ悪ふざけ感。




タイトルは柏CITY HARD COREヌンチャクの曲名から

【ヌンチャク オフィシャルサイト】

posted by 08 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を閉じてみる夢 ケチャプー

みんながびっくりしてこちらを見ている。


大学生になって
大都市に来た。

そして、初めてクラスの顔合わせの飲み会。

自分たちと同じような意味合いと顔ぶれでもって集い、だからこそ
自分たちと同じようにウルサイ客ばかりの安いチェーン系居酒屋。

宴もタケナワ、熱々で出てきたグラタンに
自分は当たり前に『ケチャップ』をかけた。


その瞬間。


みんながびっくりしてこちらを見ている。

つっこもうか…でもまだそこまでは仲良くないし…
そんな、指摘されないけど何が悪いかは伝わる空気。


ただでさえ、田舎モノのワタクシなのだ。

何か都会の雅なお作法に反する振る舞いがあるのではと
戦々恐々、粛清と魔女狩りに怯え惑う名もなき民衆なのだ。


…いや、生まれた島には「グラタンケチャプー」って特産品もあってね
都会から来た旅行の人たちもおいしいって言ってくれるケチャプーでね…

…こうするのはね、島ではフツーなんだよね。

自分のイントネーションも気になり
段々、声が小さくなるのがわかる。


どうやら『やってしまった第一号』らしい。

おそらくこのままでは他の地方出身者たちに
戦略的に騒ぎ立てられスケープゴートにされ
ヤツらの田舎っぷりの隠れ蓑にされてしまう。
それだけは阻止しなければなりますまいて!

などと、権謀術数の限りを尽くして
自分の小ささから目を背けている。

仕方なく引責/飲食
グラタンを食べます。


む ぇ … 合 わ な い ↓ ↓


こんなものをみだりにみんなに食べさせてたら
”原理主義的ケチャプー混入テロ首謀者”として
末代まで国際指名手配だわ。やれ不幸中の幸い。

などと、手練手管の限りを尽くして
自分の心理を盛り上げなおします。


と同時に、急にホームシック。


都会のケチャプーは、グラタン用に作ってないのだな…
島のはもっとふんわりしててすっきりしててあまいのに…。

誰も乗ってない夕暮れの鈍行列車に
一人揺られているような気持ちになる。




夢の中の「ケチャプー」って発音がかわいかったです。


posted by 08 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を開けてみる夢 実現させてみたけれど

大掛かりなお遊び。


こういうユーモア好きです。

【Real Photoshop】

人力フォトショップ降臨。

いかにも海の向こうの人の遊びって感じがしますなー。

逆に、リアルであの作業をするためには
スタジオの一画とこれほどの手間がいる
そう思うとPCとソフトの有難味が判ります。


posted by 08 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

瞳を閉じてみる夢 痛快ウキウキ通りをゆけ

自転車屋さんの友達から連絡がはいる。


「新しいタイヤが入ったよ」

上下左右に欣喜雀躍しながらお店へ。

自転車を置いてしまうと広くはないけれど
友達の作業を見たり接客を見たり楽しい。

タイヤは新製品、今までのカーボンが入った黒いものではなく
まったく別の素材で耐摩耗性を高めた商品で色が特徴的なのだ。


ぴかぴかの銀色。


アルミホイルみたいなマット目、鈍目な銀ではなく
ステンレスの流し台、鏡、メッキのようにぴかぴか。

真っ黒クロスケなマイ自転車には
ぴったりだ!と思い注文しましたが

間近にみると不安になる。
つるっつるのぴっかぴか。

コレ、滑りまくるんじゃないか?

雨の日のマンホールとか
摩擦係数μなんかゼロで
小さな自殺システム構築?

とりあえず、ホイルに合わせてみたけどやっぱり怖い。

そうしていると、友達が横から教えてくれる。
「これ、搬送用に表面保護シールついてるから」

指先で一箇所ひっかかる部分をさがし当て
そこを右手で持って左手でペダルを回すと

ぴーっっっと透明なテープが一直線に剥がれる。

おぉ、ちゃんとタイヤらしい質感登場。

早速試乗。

おぉ、コギも軽いね。
お店の前をぐるぐる。

あとは友達のお店が終わるまで皆でだらだら。
おわったら皆でどこか晩御飯を食べに行こうよ。





本当に「上下左右に欣喜雀躍」してました。

言葉にはしづらいけれど
本当にピンボールのようにマンホールから電線まで飛び跳ねたり
右手の写真店から左のコンビニまで一足で横っ飛びに移動したり。

多分、あたらしいものよりも友達の『そのお店』に
行くのがとてつもなく楽しかったあの頃の気持ちが
自分の中で呼び戻されて夢に出たのでしょう。

今はもうないけれど、一番好きなお店でした。

posted by 08 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を開けてみる夢 小さな世界を生み育む

世界箱庭化計画。


奥行きがわからなくなるのでしょうか
自分の両目が安定を失う画像処理。


でも、一周してまた面白くなってきましたティルトシフト。


【25 Beautiful Examples of Tilt-Shift Photography】


やっぱり目が不安定になりますが。


ミニチュアのような世界は
こちら側から眺めているより
あちら側へ入りたくなります。


posted by 08 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

2010年02月22日

おやつ無頼帖 Brfxxccxxmnpcccclllmmnprxvclmnckssqlbb11116

もう自分のことなんざどうでもいい。


続きを読む
posted by 08 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ無頼帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を閉じてみる夢 お勤め先は遠いけど

目覚まし時計のスヌーズとスヌーズの間の夢。


大きなリュックひとつで家を出発する。


出てしばらくすると、以前栄えていた地域に差し掛かる。

その辺りの建物は全て木造で、今は誰もいない。

機関車の音が聞こえてきて、飛び乗る。
レールのない草原を機関車は走ってゆく。

緑というのはこんなにも力強いものなんだな。
無人になった家々を飲み込んでしまっている。

この辺にも住む人がいるのか
まだ乗ってくるお客さんもいる。

機関車が顎を上げて少し上空へ滑り出すと視界が開ける。

まるでトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンが
縦横無尽に遊んでいそうな豊かで広大な自然。

繁る木々の背が密集しだした為
機関車は一気に空へ突き抜ける。

左右の窓から一斉に光が差し込み
空の真ん中を走っているのが判る。

渡り鳥の群れが窓のずっと向こうを同じ方向に飛んでいる。

眼下には大きく蛇行しては三日月の池を残し
幾つも支流を分けて流れる巨大な川が見える。

その川に浮かぶイカダや小舟は
朝の魚釣りをしているのだろう。

ふと一際大きな木造の建物が見える。

「あれ昔の南中学校か…
 今は町の中心が移って
 XXXに南中があるのに」

毎日通勤してて、はじめて見た。

自分の母校の前身。

父さんはあの学校に通って
あの辺りで遊んだのだろうか。



新幹線で毎日東京に通勤している
地方在住者のようなイメージでした。

飛び立つ時の風の感じが
髪や頬に残っていました。


posted by 08 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を開けてみる夢 記憶装置/忘却装置

真夜中の電車の中で見かけた女の人。


続きを読む
posted by 08 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

2010年02月19日

瞳を開けてみる夢 見たことない世界求めて

待ってた方には待望のお知らせ。


LEICA X1発売日が再決定。

【ライカ、APS-Cコンパクトデジカメ「X1」を20日に発売 】
 from 【デジカメwatch】

一度昨年末のリリース予定が延期になったX1。
チタンの肌地ってやっぱり独特でキレイですね。

コンデジとしては破格のお値段なので
どんな画が撮れるのか興味津々です。

【LEICA JAPAN 製品情報】


posted by 08 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を閉じてみる夢 小さな畑に陽は落ちて

一区画を借りて土いじりを始めてみた。


小さな菜園はやってみると
実際、可愛くて仕方ないのだ。

どんどんその気になりアメリカの大農場のファーマー気分
ペコスブーツやデニムのオーバーオールを新調したり。

一日、汗して日暮れ時。

クーラーボックスの中にあるビールとお味噌。
よさそうなきゅうりをもぎって洗って頂きます。

コレが最高すぎるのです。

これは父親がハマるのも分かる。
その父に教わりつつなので
父の好みの影響を受け
基本、花なし野菜のみ。

父曰く「おれは食い意地がはっているのだ」

でも、きゅうりの花も茄子の花も
可憐で健気で愛らしい(手塩補正)

花からみているのできゅうりや茄子の形が悪かろうが
全然気にならないどころか、むしろ個性的とか感じる。

ここまでかわいいとココ自体にも
名前をつけてやろうと言う気になる。

昔、荒野だったこの辺り一帯を
開墾したお百姓さんの名前を頂いて
『普四吉』とする


目覚めた瞬間に菜園の読み方が
記憶から抜け落ちてしまったのが残念。

たぶん、「よしよし」か「ふじよし」か「ふじきち」
よしよしとは読めないか…晋の字だったかも
線対称な文字で構成されていました。

よしよしと言えば 大人計画の荒川 良々氏を思い浮かべますね。

posted by 08 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

瞳を開けてみる夢 残り1の境界線

手元に本がなくなったため至急、最寄の古本屋さんへ。


こういうとき、文字依存・活字ジャンキーだと実感させられます。

ロバート・フルガム
「気がついた時には、火のついたベッドに寝ていた」

いい間抜けっぷりなタイトルにひと笑い頂いたので決定。
戻ってアマゾン見てみたら中古1円の世界に突入してたw

もぉ、FREEでよくね?

クリック不要デス↓
(送料を考慮に入れなければ
 200倍のお値段にて購入しました)


  


短編ながら淡々とおもしろいけど
これだと今日中に読み終わるな…

【ロバート・フルガムの横顔】


posted by 08 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳を閉じてみる夢 新しい街

地方に部屋を借りる。


なぜか岩手。
遠野の仕業か。

けど岩手の海側。
遠野からも遠い。

(夢の中だと自分ひとり引っ越すような感じだが
 周りには今と同じ友達たちの顔ぶれがある)

太平洋の荒波打ち寄せる崖に面した15階。
1階1部屋の割り当てとなっていて3LDKの広さ。
建物内にコンビニなどもあるので大変便利。

友達を大勢呼んで引っ越し祝いのパーティ。

と、ここまでは良かったが友達が帰ると
部屋が一気に広くなり早速持て余す。

しばらく暮らすとほとんどのスペースが
活用されなくなり、結局1ルーム暮らし。

それと呼応するように他の住人がぬけて
コンビニは隔日営業となり、閑散とし出す。

街は雪に閉ざされ、路面電車は止まり
仕事場には通えず、食料は底をついて。

ただ海に降る雪を眺めるだけ。

なんで、こんなトコを借りたんだろうと思う。
なんで、こんなコトになったんだろうと思う。

全ては白でも黒でもない霙色の中。



場面転換して一気に物事がうまく行かなくなる辺り
その閉塞感と暗澹たる気持ちが居たたまれない限り。

起きてから、あまりの失速っぷりに苦笑い。


posted by 08 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。