2009年07月02日

瞳を閉じてみる夢 君は笑い僕は描く

友達と組んで立ち上げたデザインチームで
海外のコンペティションに参加している。

日本だと家電製品などのデザインは大抵
インハウス(社内)デザイナーのお仕事。


今回は冷蔵庫。


取っ手や突起のないつるんとした形状にした。

取っ手を持って手前に引くのではなく
少し押すと、クンと押し返されて開く。

お年寄りや握力のない人でも開けられる
両手に食料を抱えた状態でも開けられる
何より、余計な部分が存在しないのが好きだ。

日本のTOFU(豆腐)を思わせると
エッセンシャルな面が評価される。

おかげさまで通ったようだ。

TOFU、というあだ名のままかと思ったら
OSSU、という名前が採用されていた。

友達が「押す」と「押忍」をかけた
駄洒落の名前にしていたらしい。


なぜ。


友達は更に言う。

できれば、アダルトビデオの作品名のような
より下らなくて笑える駄洒落の名前がよかった。


なぜ。






なぜ、と目が覚めました。
理由はないのでしょう。
たぶん、面白そうだから。
その余裕が大事なんでしょう。

ブラジルでも日本車を「鶴」なんていう
ネーミングで販売してたりしますよね。

現実社会での話なのですが、この何ヶ月かの内に
2つの事務所立ち上げに参加(ことによると主催)
しなければならなくなるかもしれない流れになるかも。
その準備が矢鱈滅法に忙しかったりします。

それが楽しみでもありまた
プレッシャーでもあるのか
随分と現実的な夢を見たことよ。



ラベル:仕事 デザイン
posted by 08 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。