2009年07月11日

瞳を開けてみる夢 皆の笑顔こそ

ウルフルズ、お疲れ様。


彼らの21年の活動から生まれ歌われた
さまざまな曲が自分を押してくれた。

活動休止には「ありがとう」を
まず最初に返したいのです。

皆の見送りの笑顔こそ、彼らに相応しい
けど、鼻の奥がつんとするのはなんでだ!?



「さよなら さよなら
 思い出は消せない
 さよなら さよなら
 天国に届く」
 "泣きたくないのに"

ほんとはそんな気持ちです。



夜道、迷いながら友達のうちに
BOX SET借りに行ったっけなぁ。



スピッツの草野マサムネさんが歌う バンザイ(ULFULS)



同世代、長年の音楽活動の盟友の歌でFAREWELL PARTYだ
草野氏の照れくささが愛くるしくて
トータス松本氏の真っ直ぐさを何より
素直に証明しているように感じます。

ウルフルズの歌、皆に歌ってほしいから
オススメの本のアマゾンページ貼ってみます。


  【ピアノ弾き語り ウルフルズBest Selection (amazon)】





posted by 08 at 15:04| Comment(1) | TrackBack(1) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私もウルフルズ、最高に大好きでした。
活動休止は、本当にさびしいです。
私もブログに「泣きたくないのに」を書きました。
本当にそんな気持ちですよね。。。

また再開してくれたらなあ。
Posted by jun at 2009年07月12日 03:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ウルフルズ
Excerpt: ウルフルズ、六本木ヒルズアリーナにて活動休止前最後のフリー・ライヴを実施! &l...
Weblog: さゆりの日記
Tracked: 2009-07-11 16:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。