2009年07月20日

瞳を開けてみる夢 空渡る

昨日の夕暮れ時。


劇団を率いる脚本家の方とお会いすべく
東京の東側、西日暮里辺りで迷子中の事。


東京の夕空に虹が掛かっていました。


濃くしっかりとした虹の外側に
薄くですが二重に渡されています。

携帯の画像なんですが
わかりますでしょうか?


  huku-niji.bmp


すごく判りやすい画像もありました。
【参照:朝日新聞記事】


色順が外から赤、内側に紫色となる虹(主虹)の
少し離れた外側に逆の色順で掛けられるものを
「副虹」というそうです。【Wikipedia:虹】

なんだか吉兆な気がして
「福虹」と呼びたい位。

おかげさまで初めてお会いする脚本家の方とも
すぐに打ち解けられて、色んな話が出来ました。

皆様にもお福分け。



posted by 08 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。