2009年07月25日

瞳を開けてみる夢 終わりなき夏の色を

激動の土曜日


一旦、帰宅。

夏の湧き上がる熱と
抜けてゆく空の色で

住んでいる町が
旅先のようです。


  tsuji.bmp


なんだか大きな笑い声を上げてしまいました。




高気圧ガール 山下達朗


季節ものの名曲です【歌詞】


新横浜から帰ってまいりました。
これから池袋へ行って参ります。


タイトルは歌詞の一節から。
どうしていつも夏の始まりは
永遠に続きそうに思うんだろう。





posted by 08 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。