2009年08月10日

瞳を閉じてみる夢 天駆ける

ドラクエみたいな世界。


冒険と放浪と戦闘と交渉と恐怖と友情。
草原には気味悪い生物と邪悪は魍魎。

人間は弱きものであり、虐げられるもの。

阿鼻叫喚はこちらから扉を開けずとも
城壁を打ち崩して向こうから迫り来る。

立ち向かうどころかとっとと逃げ出したいような世界だ。

なんの因果だろうか、臆病者が
こんな事に刈り出されてしまった。

あの悪名高い猛毒と黄金で出来た王様を殺すなんて。


その旅の途中でたどり着いた
賢者の塔の最上階でのこと。


深い思索に耽る日々から天啓を授かった賢者は
旅の一行である我々に渡すべきものがあるという。


「おまえたち に 『あまかける こいぬ』 を さずけよう」


いかにも愛らしい
瞳のうるんだ子犬。

大きくなると、なにか特殊な能力でも
発現するのだろうか?と思い尋ねると




「まどり の かんけい からも
 いっぴき が げんかい」




里親探し中?






RPG含めてゲームとか
ほとんどした事ないです。

ちなみに、朝・晩2回は散歩要
と賢者は教えてくれたのでした。



ラベル:子犬 生物
posted by 08 at 16:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もーーーーおもしろすぎる!!
モスさんワールド炸裂ですね。
「まどりのかんけいからも
 いぬはいっぴきがげんかい」
「要散歩」
んーーーあまかけるこいぬは、
可愛すぎます!
Posted by jun at 2009年08月11日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。