2009年09月22日

道草練習帖 野良犬股旅捨猫慕情

全体何がどうしてこうなったィ。


忍んで堪えて耐えて食いしばって
いい子にして我慢してたご褒美に

捨て猫みたいにおっぽり出されて
また野晒し雨晒しの野良犬暮らし。


オレがような日陰渡世の者なんざ
とかく誰にも足蹴にされるだけ。

あったかいおまんまもお布団も抱擁も
見つかると思って暮らすが莫迦てもの。

さぁ、烏が代わりに泣いてくれるうち

芯から凍える土砂降りが降る前に
さっさとどこィなりと行っちまおう。



 皓々の陽あれば
 煌々の月のあり

 茫洋の胸中もて
 方々へ逃亡せん


posted by 08 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 道草練習帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。