2009年09月30日

道草練習帖 つれてくついてく

折りたたみ小径車。



自転車通勤(ジテツウ)やポタリング(自転車散歩ですよね)など
バイクライドが活発になってから、特に脚光を浴びている自転車。

都会などでは収納スペースのダウンサイジング化
電車などでの輪行・携帯にも嵩が張らなくて便利。

自分は「パーツ数・ギミック増加」はイコール
「トラブルの増加」的な古い頭があるので
なんとなく敬遠してしまうのですが

機能的で見た目も愛らしい。
小径ゆえ、走り出しも軽い。
町中での利用にはぴったり。
等の理由で人気なのでしょう。

その中でも発想が唯一なのが
David Hon博士の『DAHON』

そのDAHONから、【iPhoneを自転車に装着できるケース】が登場
from 【WIRED VISION】

『BioLogic』iPhoneケース、マウントと本体で$60…
しかしなかなかになかなかな価格でございます。

GPS機能を多用・活用できそうでいいですね。
ランドナーに搭載しての長旅、はたまたブルベ。

そう考えると、いいかもしんない。



posted by 08 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 道草練習帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。