2009年10月18日

瞳を開けてみる夢 誰かに告げようか

父が大好きな歌でした。


父が時折歌っていて
それを聞いて覚えて

美しい曲を書いた人に
悲しい最期が待ち来る。



悲しくてやりきれない フォーククルセイダーズ


置いていかれる郷愁と哀愁。

合掌。





posted by 08 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。