2009年11月02日

瞳を開けてみる夢 不確かなことだけは確かだ

外界認識の大半を担う視覚。


人間が頼りにしているその「目」という物
案外、不確かなものだと気付かされます。


【4色に塗り分けられた紙の上で鉛筆を動かしたときに起きる錯視】
from 【ひろぶろ】


錯覚はいつも奇妙な夢の中で惑わされたような気持ちになります。


不可思議な気持ちになったあとは
愛らしいもので惑わされてお口直し。

【秋の江ノ島ネコ巡り】




posted by 08 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。