2009年11月03日

瞳を開けてみる夢 百花繚乱にて浮世に遊びては彩る

江戸東京博物館、興味深い切り口の浮世絵展示会です。


いけばなそれ自体ではなく
絵に収めたものをピックアップ。


【特別展 いけばな 歴史を彩る日本の美:公式web】


花の美しさを見た絵師達の中で
取捨され抽出され醸造された美。

そして生け花にも流派が在り、手法が有り、手練れが居り
且つ又描き方にも流派が在り、手法が有り、手練れが居り


それが重なり合い、せめぎ合い、混じり合い、交わり合って咲かせた花びら。



会場は
江戸東京博物館 1階展示室
東京都墨田区横網1-4-1 【Google maps:別窓】

会期は
2009年11月23日(月・祝)〜2010年1月17日(日)
午前9時30分〜午後5時30分




posted by 08 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。