2009年11月04日

瞳を開けてみる夢 花咲ける浮世に遊山のこころもち

副業とされていたお侍さんもいたとか。


いつの時代の日本人も花を、緑を愛でて来ました。

渡辺京二の名著『逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)』にも、海外の人々が
日本の園芸技術や海外にない種類の植物や花々や
盆栽などを買い集めていた様が描写されていました。


【江戸園芸花尽し:公式web】


ちょうどお買い物やお出掛けのついでに行ける美術館です。

浮世絵 太田記念美術館

会場
東京都渋谷区神宮前1-10-10 【google maps:別窓】

会期
後期 11/1(日)〜26(木)
※11月2、9、16、24日は休館



posted by 08 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。