2009年11月17日

瞳を開けてみる夢 来る冬に捧ぐ

こんな風に。


こんな風に冬を音に置き換えられたら。



トーリ・エイモス(Tori Amos) - Winter



凍えるまでに美しい歌詞【Tori Amos - Winter lyrics】

氷のお城は何処と尋ねてみても
見えるのはただただ自分ばかり。

ちらつく雪の様に鳴る序章
吹き抜ける吹雪の様な間奏
また空から零れる様な終焉。

YAMAHAのエレピが彼女の指に吸い付くように鳴っています。





posted by 08 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を開けて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。