2014年06月29日

瞳を閉じてみる夢 海の向こうの甘いもの

親戚と一緒に故郷の町を歩いている。

歩きながら、二人でゼリーを食べている。

このゼリーはもともと遠い海の向こうからの輸入品。

分厚い長財布のような大きさで
蒟蒻のように、ビニール袋の中に
そのまま入って売っている。

食べ出してから、アルコールが入っていることを思い出す。

アルコール度数が14〜5度
丁度日本酒やワインと同じ位。

そういや、発祥の国は冬になると雪深い土地で
寒さしのぎにこれの食べ過ぎで行き倒れた人も多いとか。


なんでコレ、持って来たかな。食べにくい。
歩きながら食べるものではないな、と反省。
タグ:故郷 甘味
posted by 08 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞳を閉じて見る夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400557063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。